大丸の京町家活用、次は高級腕時計ウブロ 来月新店誘致 – 朝日新聞



 大丸松坂屋百貨店が改修した京都・祇園の町家に8月26日、スイスの高級腕時計ブランド「ウブロ」が新店を開く。ウブロの国内直営店としては、東京・銀座、大阪・心斎橋に次いで3店舗目。国内で未発売の限定モデルなども買える予定だ。

 京都発祥の大丸が今年、創業300年を迎えた企画事業の一環。老朽化した町家を活用し、有名ブランドの誘致を進めてきた。昨年11月から今月末まで営業する仏高級ブランド「エルメス」に続く進出となる。

 新店「ウブロブティック京都」は、大丸松坂屋百貨店が茶屋様式の木造2階建て(約212平方メートル)を改装した「大丸京都店 祇園町家」(京都市東山区)に入る。営業時間は午前11時~午後7時(不定休)で、ウブロがいつまで営業するかは未定だという。

 ウブロの店内には、西陣織の特注ソファや畳のある茶室などを備える。広報担当者は「京都らしい和のテイストを採り入れ、新しい魅力を発信したい」と話した。

 ウブロは1980年にスイス・…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら


こんな記事もよく読まれています