武井咲が『黒革の手帖』で“銀座のママ”を熱演「悪女にはなるのは気持ちいい」 – 週刊女性PRIME [シュージョプライム]



武井咲 撮影/吉岡竜紀

 この夏、武井咲(23)が“悪女”になる──!?

「こんなに気持ちのいい役は、なかなかないと思うのですごく楽しみです!」

 松本清張が残した不朽の名作『黒革の手帖』が、7月20日より放送スタート。これまで何度も映像化された作品で演じる原口元子は、派遣社員として勤めていた銀行から、1億8000万円を横領し、まんまと銀座のママへと華麗に転身する女性。

「もし私が今、1億8000万円を手にしたら……。想像するのが難しいですけど、両親のために家を建てたいかな。自分のためにそんな大金は使えないです、私はケチなので(笑)

「江口洋介さんとは、約5年ぶりの共演です。“大人になりました!”って言ったら、“そりゃそうだよな”って(笑)。前回ご一緒させていただいた作品も夏クール(2012年『息もできない夏』)だったので、そのときも蝉(せみ)がうるさかったねって話したり。また江口さんとお芝居ができてうれしいです」

 夜の銀座で生きる役に、

「これまでクラブという場所には1度も行ったことがないのですが、本物の“ママ”を見て、おもてなしの精神を学んでいきたいです。ドラマでは銀座の街に渦巻くいろいろな欲望が描かれているので(笑)、そんな世界で生きられる時間を大切にしたいですね」

 着物を着たときの歩き方や座り方、姿勢といった所作には心がけたいと意気込む。『黒革の手帖』といえば、2004年に事務所の先輩である米倉涼子が演じたことも記憶に新しい。

「もちろん、米倉さんの作品も拝見しました! “派手で悪い女”というのが、いい意味ですごくお似合いでキラキラしていて。米倉さんにも“一生懸命やらせていただきます”と、ご連絡しました」


こんな記事もよく読まれています