銀座に誕生した新たなランドマーク“GINZA SIX”注目ポイント – エキサイトニュース



2017年4月20日、ファッションや本、食など241の店舗が集まる大規模複合施設「GINZA SIX」がついにオープンした。間口約115メートル、奥行き約100メートル、延床面積は148,700平方メートルという銀座エリア最大級の複合施設は、早くもランドマーク的存在となっている。

■銀座の一等地に出現した、“美”が溢れる圧倒的空間
銀座6丁目に完成したGINZA SIX。中央通りに面して建っていた松坂屋銀座店があったエリアとその裏、あづま通りと三原通りに挟まれたエリアという2街区に建設され、ビルの1階部分の真ん中をあずま通りが走っている。なかなか大きな土地を確保しづらい銀座にこれほど広い空間を有しているのは、この特殊な立地にあるのだ。基本設計と外観デザインはニューヨーク近代美術館を手掛けた建築家谷口吉生氏が担当しており、そのファサードは日本の伝統である「ひさし」と「のれん」をイメージしているという。

銀座4丁目の交差点から新橋方向へ向かうと、存在感のあるGINZA SIXが見えてくる。1階には世界有数のハイブランドのショップが並び、これらは旗艦店として店を構え、複数のフロアを有するショップもあるという。中央通りに面した側が、ハイブランドが集まるエリアとなる。中央通り側からあづま通りを渡ったエリアには、各国語に対応した観光案内と様々なお土産が手に入るツーリストセンター「TERMINAL GINZA」や観光バス乗降所があり、近年増え続ける銀座への外国人観光客の対応も万全となっている。


こんな記事もよく読まれています