タッチ&トライコーナー併設の腕時計ショップ、GINZA SIXにオープン – エキサイトニュース



  • 4月20日、東京・銀座に大型商業施設『GINZA SIX(ギンザ シックス)』が誕生
  • 1階の『CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO』はシチズン初の旗艦店
  • 腕時計が常にオープンな状態で展示されていて、実際に腕に載せその感覚を気軽に確かめられます

時計に興味のないアナタも、きっと居心地がいい。GINZA SIX『CITIZEN FLAGSHIP STORE』

Ginza is Back! かつて“大人の街”なんて言われていたこともある東京・銀座に、4月20日、大型商業施設『GINZA SIX(ギンザ シックス)』が誕生。オープン当日は「朝から5500人を超える人が行列を作った」なんて報道されたけど、今のオトナたちにリアルに注目され、人気を集めているブランドやショップが一堂に集まっているんだから、そりゃあ盛りあがるだろうし、何より銀座がここまで活気づくのはやっぱりワクワクする。

そんなGINZA SIXの1階に、日本の時計ブランド「シチズン」がショップをオープンさせた。『CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO』とネーミングされたこの店舗には、現在、シチズンの傘下にあるスイスやアメリカの時計ブランドもブティックを構えた、まさに同社初となる“旗艦店”だ。

「普段、腕時計は着けないし、興味もないから……」なんて声も聞こえてきそうだけど、そんな人も立ち寄ってみてはどうだろう? とりわけユニークな試みだと感じられるのは、店内中央に設けられたタッチ&トライコーナー。腕時計が常にオープンな状態で展示されているから、実際に腕に載せ、その感覚を気軽に確かめられるものだ。


こんな記事もよく読まれています