いまなぜ「国産」? オーダースーツが人気のメンズフ… – Newsweekjapan



いま、国内ファッション市場は不調と言えます。三陽商会やワールドなどの大手アパレルのリストラや、三越伊勢丹、西武・そごうなど百貨店の店舗閉鎖など日々暗いニュースを目にし、直近の報道媒体でも、経済誌『日経ビジネス』では「買いたい服がない」(2016年10月3日号)、ファッション週刊紙『WWD JAPAN』では「ファッションは本当にオワコンか」(2017年1月9日号)といった、キャッチーなタイトルの悲惨な特集が組まれています。日本のファッション消費が転換点を迎えているのは間違いありません。

【参考記事】森岡書店店主・森岡督行さんが案内する、もうひとつの銀座。

しかしそんな中でも沸々とたぎっている分野があります。それがメンズファッションです。もともと日本のメンズデザイナーズブランドの評価が世界的に高いのはご存じでしょう。けれども今回はモードの世界の話ではありません。コンサバティブなビジネススーツの領域です。では、それがいま受けている理由とは何でしょうか?

老舗オーダースーツが銀座に進出

ラグジュアリーブランドや老舗テーラーが軒を連ねる銀座に3月16日、イージーオーダースーツブランドの旗艦店がオープンしました。埼玉に本社を構える花菱縫製の「HANABISHI 銀座店」です。同社は1935年創業のオーダースーツ事業をメインに据えた老舗アパレル企業。国内5か所の自社工場をもち、今まで培ってきたノウハウによって、職人の手仕事とマシンメイドのハイブリッドでスーツを日々生産しています。ブランドサイトで発信しているメイキング動画は洋服好きなら思わず見入ってしまうもの。

(花菱によるオーダースーツのメイキングムービー)

既存のHANABISHIショップは北海道から東海にかけて18店舗を展開。19店舗目となる銀座の旗艦店は2層にわたり、1階にはフラッグシップならではの買い付けブランドが並びます。セレクトされているシューズの「Mark Boots」やジーンズの「Betty Smith」はオーダー専門で、価格はそれぞれ¥65,000〜、¥31,000〜。こうしたアイテムをスーツに合わせて購入するのもHANABISHI銀座店らしい楽しみ方でしょう。そのほか、バッグの「Kiefer neu」、ネクタイ・チーフの「Franco Bassi」、カフス・タイバーの「ELIZABETH PARKER」などドレスアイテムも揃っています。

【参考記事】ソニーがプロデュースするユニークなインテリアショップ「Life Space Collection」が、期間限定でオープン!

hanabishi_VVaHmGA.jpg

「HANABISHI 銀座店」の1階内観。買い付けられたアイテムが並んでいます。


こんな記事もよく読まれています