メルセデスAMG専用ショウルーム、ヤナセが東京京橋に開設 – レスポンス



ヤナセは、高性能ブランド「メルセデスAMG」のみを展示する「メルセデス・ベンツ東京芝浦 AMGパフォーマンスセンター京橋」を東京都中央区に新設し、10月14日より営業を開始する。

メルセデス・ベンツ東京芝浦 AMGパフォーマンスセンター京橋」は「メルセデスベンツ東京芝浦」担当エリア内のメルセデスAMGとメルセデスベンツの販売強化、さらに中央・千代田区在住の既納客フォローと新規顧客獲得を目的に、中央通りの京橋交差点「京橋第一生命ビル」1階に開設。東京メトロ銀座線「京橋駅」から徒歩1分、銀座、日本橋、東京駅、大手町からも近い交通アクセスの良い好立地にある。商業ビル・オフィスビルの開発が進む京橋エリアは、平日のみならず休日もにぎわいを見せており、今後の集客が期待できる。

新ショールームは最新CIデザインを備え、モータースポーツマインド溢れる雰囲気を演出し、常時4台のメルセデスAMGを展示する。また、80インチの大型モニターやブランドの世界観を表現するグラフィックを壁面に配置し、専用のラウンジセットも設置。ゆったりとしたスペースで、最新のメルセデスAMGを見ることができる。なおアフターサービスは、メルセデス・ベンツ東京芝浦が担当する。

10月現在、ヤナセグループは全国109のメルセデスベンツ販売店を運営し、そのうち15店に「AMGパフォーマンスセンター」を併設。メルセデスAMGのみを展示する独立したショウルームとしては、横浜市中区の「メルセデス・ベンツ山下 AMGパフォーマンスセンター」に次ぐ、2店目の開設となる。




こんな記事もよく読まれています