三井不動産グループの新ホテルブランド『ザ セレスティン ホテルズ』第2号 『ホテル ザ セレスティン銀座』 10月5日(木)開業 – エキサイトニュース



滞在そのものが旅の目的となる「デスティネーション型ホテル」

三井不動産株式会社と株式会社三井不動産ホテルマネジメントは、このたび10月5日(木)に『ホテル ザ セレスティン銀座』を開業いたします。『ザ セレスティンホテルズ』は、滞在そのものが旅の目的となる「デスティネーション型ホテル」を目指す新ホテルブランドで、当ホテルは、9月7日に開業した『ホテル ザ セレスティン京都祇園』に続く第2号となります。

当社グループでは、銀座エリアでアッパーミドルクラスの宿泊主体型ホテルである「三井ガーデンホテル銀座プレミア」、「ミレニアム 三井ガーデンホテル 東京」の2ホテルを既に運営しておりますが、今回、ハイクラスブランドの『ホテル ザ セレスティン銀座』の開業により、計3ホテル、794室を運営することとなります。『ホテル ザ セレスティン銀座』は、日本を代表する商業地・銀座のメインストリートの1つである外堀通り沿いに立地し、三方を道路に面した視認性の高いロケーションに誕生します。

「華麗なる静謐(せいひつ)」を開発のコンセプトとし、館内は1階ロビーおよび客室階12層、14階レストランの計14フロアで構成されています。館内のインテリアは、ロビーに配置された凹凸のあるガラスのアートウォールを中心に、シンプルなデザインの中にも光と影を演出し、上質で落ち着いた空間に仕上げました。また、客室は天井高(窓側)約3.1mの空間と、柱、梁が出ないフルハイトサッシにより窓が高くなるため、採光と眺望をお楽しみいただけます。

レストランは青山・麻布十番などでファンを魅了し続け、当ホテルが描くブランドコンセプトの「パーソナライズド ホスピタリティ」を体現するダイニングレストラン、株式会社サニーテーブルの手がける「GINZA CASITA」がホテル最上階に出店します。ディナーでは魚介を中心としたイタリアンをお楽しみいただけます。

サービス面の特長としては、銀座という立地ならではの取組みとして、外国人の宿泊者さま向けに銀座三越と提携し、お買物をされた商品をホテルにお届けするサービスをはじめ、お買物アテンダントサービスの予約や和装婚礼衣装試着体験もご提供いたします。

デスティネーション型ホテルを目指す『ホテル ザ セレスティン銀座』で、日本ならではの心配りあるおもてなしと、まるで「第2の我が家」のように寛げる空間、この土地ならではの滞在体験をお楽しみください。

■『ホテル ザ セレスティン銀座』 詳細
1. 立地
当ホテルは、日本を代表する商業地・銀座のメインストリートの1つである外堀通りに面し、三方向に開けた角地にあるため、銀座を歩く人の目にとまる、銀座を象徴する場所に開業します。周辺には料飲店舗やブランドショップ、貴金属店等が集まっており、銀座の歴史、伝統、文化、先進性を感じ取れるロケーションです。また、JR山手線、東京メトロ銀座線をはじめとした各路線とのアクセスも至便な立地です。

2. 開発コンセプト
「時代を超えて建ち続けるホテルを目指して」
三井不動産と国内外での実績を持つデザイナー陣が「時代を越えて建ち続ける建築」をコンセプトとし、100年続く銀座の象徴的な建物となるよう設計しました。外観は株式会社日建設計が担当し、銀座の品格に見合う外壁を実現するために、1つの石の塊を削り出し磨き込んだようなデザインとしました。建築構造は、旧建物の地下躯体を利用した免震構造を採用。建物の中央に柱やエレベーターを設け、その回りを囲むように客室を配置したことにより、客室内は柱、梁が出ない空間となるため、フルハイトサッシを採用しています。窓が高く天井高(窓側)約3.1mの開口からは、採光と眺望をお楽しみいただけます。

「華麗なる静謐」
銀座の繁華街の中に位置しながらも凛とした佇まいで、一歩館内に入った瞬間に、街の喧騒からの隔絶を感じる、「華麗なる静謐」をコンセプトといたしました。国内外のラグジュアリーホテルを手掛けているHirsch Bedner Associatesがインテリアデザインを担当。銀座の地に相応しい上質な素材感を大切にした内装に、柔らかに灯す照明を重ねた光と影の演出を採用することで非日常的な空間と、邸宅のリビングのような寛げる空間にいたしました。

3. 施設概要
(1) エントランス
銀座という賑やかな街から帰って一息つく場所として、落ち着きのあるエントランスでは、アッシャーがお客さまをお出迎えいたします。ブロンズ調で凹凸のあるデザインのドアは、あえて重厚で大きな設計とすることで、「銀座の街の喧騒からの隔絶」が感じられます。

(2) 1階フロア:ロビー/ホワイエ/エレベーターホール/コンシェルジュデスク
ホテルに入ると、様々なサイズのガラスと箔により光と影を表現した、華やかさと奥行きを感じられるアートウォールが目の前に広がります。ロビーは天井高約6.5mの空間をより広く感じていただけるよう、高さを意識したデザインを取り入れた他、ホワイエにはお客さまが待ち合わせなどに利用する際に落ち着いた時間を過ごせるよう、ソファ・テーブルを数ヶ所に配置しました。サンジョルディフラワーズ ザ・デコレーターによる四季折々の花や枝を活かした、日本の豊かな季節感を楽しめるフラワーデコレーションがホテルコンセプトである「第2の我が家」のような空間を演出します。

また、心地よい空間となるよう、音楽や香りにも趣向を凝らしました。日中と夜中では異なるテーマのBGMをオリジナルで選定し、時間帯に合わせた雰囲気作りをいたします。香りは透明感のあるフローラルハーブがフロアを包み込みます。
コンシェルジュデスクでは、ご滞在中のお手伝いとして、観光スポットのご案内、各種チケット手配、レストラン予約などを承ります。

(3) レストラン/バー「GINZA CASITA」
最上階には、青山・麻布十番などでファンを魅了し続けてきた、当ホテルが描くブランドコンセプトの「パーソナライズド ホスピタリティ」を体現するダイニングレストランCasitaによる「GINZA CASITA」が出店。大人の隠れ家のようなレストランで、ホテルブランドコンセプト「プライベート スタイル」を体感いただけます。

朝食は「朝、本当に食べたいと思える朝食」をテーマにアメリカンブレックファストスタイルや和定食などこだわりのあるメニューを用意。また遅めの朝食でもゆっくりとお召し上がりいただけるよう、12時まで営業いたします。ディナーは魚介に特化したイタリアンを中心に豊富なアラカルトメニューはもちろん、誕生日や大切な記念日をはじめ、ご接待の利用にも対応できるコース料理もご用意しており、17時から26時までお食事をお楽しみいただけます。

【営業時間】
・朝食 6:30~12:00
・夕食/バー
 ・平日、土・祝前日17:00~26:00
 ・日曜、祝日17:00~24:00
 ※コース料理のみ21:00オーダーストップ。以降はアラカルト料理のみご提供いたします。
【座席数】
50席 ※個室有(最大8席)
【ご予約】
URL:http://www.casita.jp/
TEL:03-5537-3535

【メニュー(抜粋)】
<朝食メニュー> ※税込
◆アメリカンブレックファスト 3,240円
 ・ジュース
 ・メゾンカイザーの焼き立てパン
 ・コンフィチュール
 ・フルーツ
 ・有機野菜のバーニャカウダ
 ・コンビプレート(3種より1種)
  A:スクランブルエッグ
   岩手産ブランド豚のサルシッチャのスキレット焼き
   ジャガイモとキノコのロスティ
  B:ボイルドエッグ
   ローマ風牛テールの煮込み“バチナーラ”
   とうもろこしのポレンタ
  C:目玉焼き
   ブリアンゼッタハムのグリル
   トマトとモッツァレラのオーブン焼き
 ・コーヒーまたは紅茶

<ディナーメニュー> ※税込・サービス料別途
◆コースメニュー 10,800円
 ・オマール海老のパンナコッタ
 ・冷前菜の3点盛り
  ・メカジキのカルパッチョ
  ・パプリカのピエモンテ風
  ・仔牛のうす切りトンナートソース
 ・毛蟹のタリオリーニ
 ・甘鯛の鱗焼き リグリーア風磯魚のスープ仕立て または アンガス牛のフィレ肉のグリル フリッコ添え
 ・パティシエ特製デザート
 ・コーヒーまたは紅茶

◆アラカルトメニュー
 ・カルパッチョ DENTICE(天然真鯛)2,808円
 ・パスタ FREGULA(フレーグラ)3,888円
 ・CAPPONE(ホウボウのアクアパッツァ)4,320円

(4) 客室
総客室数は「スーペリアダブル」を中心とした104室で、天井までのフルハイトサッシを採用した空間的な広がりを特徴としています。グリーンを基調としたファブリックにより、落ち着きと和を感じるアクセントとしました。格別な時間を演出する “非日常性”と、「第2の我が家」として心から寛げる“安心感”を両立したデザインとなっています。

照明、空調、アラーム、カーテンの開閉(一部客室のみの機能)などのコントロールを行う客室ナイトパネルはタッチ式を全客室で採用。日本語、英語、中国語、韓国語の4ヶ国語の対応により、海外からのお客さまがご自身で操作がしやすいシステムを導入しました。

また、バスルームは全室にオーバーヘッドシャワーとバスタブを配置しました。バスタブにゆっくり浸かる日本の風呂文化は海外の方からも注目を集めており、国内のお客さまにとってはご自宅のように寛げる空間として、海外からのお客さまには日本の風呂文化が体験できる空間に設えました。

アメニティには、ブルガリの最高級シリーズ、「オ・パフメ」のシャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディミルク、ソープを全客室にご用意しており、高級感のあるアメニティで贅沢なひと時をお過ごしいただけます。また、基礎化粧品として、資生堂の「ルモンドール」をご用意しております。

ロングステイのお客さまにも快適にご利用いただける、大容量のクローゼットを全客室(アクセシブルを除く)にご用意しております。雨天時に自由にご利用いただける、『ザ セレスティンホテルズ』オリジナルの傘も備え付けてあります。そのほかにも、ミニバーにはワインやウイスキーなどアルコール類、コーヒー等のアイテムを揃えております。

<客室タイプ>
スーペリアダブル 65室
スーペリアツイン 24室
セレスティンツイン 12室
セレスティンデラックス 2室
アクセシブル 1室

※本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLをご参照ください。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願い致します。


こんな記事もよく読まれています